体験談

2015/02/09

【配送同乗レポート】丹後ほっこり野菜組合(農産部会)中川さん from 京都

朝の大阪センター
 案内のFAXが来た時、前から興味はありましたから、一度同乗すれば良いなぁと言う考えでおりました。しかし、本当に配送同乗して良かったと思います。少し考えが変わりました。事前に送って頂いた動画も参考になりました。
まず、生産者から会員さんに届くまでに色々な人が関わっている事ですね!

      (今回は)       配達する人
生産者 ⇒ 大阪センタースタッフ ⇒ クルー ⇒ 会員(食べる人)


 センターの見学は前にもした事がありますが、前よりは、若干良い方に変わった気がしました。どこがどのように?と聞かれると、答えられませんが、そのような印象を受けました。

 配送同乗は今回が初めてなので、どんな感じかワクワクしておりました。また、うまくコミュニケーションが取れるかなと思っておりましたが、幸いにも配送クルーの中で営業成績がトップクラスの「ドリームの池信さん」のクルマに同乗出来ました。
 車の運転は優しく、無理な運転はされていませんでした。それは「らでぃっしゅぼーや」という看板を背負っているからと言われていました。無理な運転をするとすぐ、苦情やクレームの電話が掛かって来るらしいです。
 それと、「らでぃっしゅぼーや」と言えば私達の事になります。クルーが一番会員の方に近いとも言っておられました。だから日頃出会える会員さんとは、会話をするようにして、販促の売り上げにもつなげていると言っておられました。

クルーの心強い言葉と信頼関係の大切さ。

配送クルー池信さんとスタート前!意気込み十分!!
 これで、僕の事も知って頂いたから、次に野菜が入る時は違う印象を受けてもらえると思います。これは自分の営業でもあるかな、と思いました。日ごろは、産地担当の方との作付けのやり取りですが、会員さんから「丹後ほっこり野菜組合の中川さん野菜が食べたい」と言ってもらえれば、産地担当の方も僕達の野菜を多く扱ってくれるだろうとも思いました。もっと会員さんに知ってもらう事が出来れば、僕達も多くの野菜をお届ける事ができるでしょう。また、この様な取り組みしているところは「らでぃっしゅぼーや」だけではないでしょうか?
「らでぃっしゅぼーやの会員になれば顔の見えるお付き合いが出来るから安心」と思ってもらう事が出来れば、会員さんも増加するのではないでしょうか?
 また、ぱれっとが減ってきているとなれば、尚更、生産者の配送同乗は必須だと感じました。もちろん美味しい野菜を作るのは当たり前ですが、同じ美味しい野菜なら、顔見知りの人の野菜が食べたいですね!だから、生産者は配送同乗するべき!年に3~4ぐらいかな、これは多いかもしれませんが、一回同乗して60名、3回で年に180名の方しか会えませんね!4回なら240名で、10年で2400名ですね!全ての会員さんには会えませんね!でも、会う事の出来ない分はクルーが頑張りますと、池信さんが対応すると言ってくださいました。
 販促のある時期は無理ですけど、無い時期に、今日はこの間来た生産者の中川さんのお野菜が入っていますよ。だから味わって食べて下さいね!などの事を言って頂くと、会員さんもより身近に感じるのではないでしょうか?そんな事言って頂けるなら、かなり心強いなと感じました。
 それには、クルーさんとの信頼関係が大事ではないでしょうか?よっぽど相性が悪くなければ、8~9時間ぐらい一緒にいるから、色々なお話ができますよね。お互いの家庭の話等、初対面だから話は尽きる事はないでしょう!池信さんもまた一緒に乗りたいと言って頂きました。僕もまた配達同乗したいと思いました。また、池信さんの全ての曜日にも同乗したいですね!もっともっとクルーさんと仲良くしたいですね!

生産者の顔がはっきり写って無いと駄目!

 センターの方々との懇親会も楽しく過ごさせてもらいました。なんか、ほとんど僕の昔話だったような感じです。恥ずかしいお話でした(笑)。この席にもクルーの方が参加され、もっとこうしたら良い等のお話が出来れば良かったと感じました。

まとめて、それぞれの利点を上げてみました。
・生産者は       自分を売り込む良いチャンスに繋がり、生の声が聞かせてもらえる!
・らでぃっしゅぼーやは 他社に無いサービスの提供でまさに生産者と繋がった組織をアピール
・クルーは       只単にBOXを配達しているのでは無く、生産者と一緒に配達している意識の向上
・会員は        他社に無いサービスで、突然の訪問ですが、生産者の顔が見れて話も聞ける

パレット離れが進んでいますが、それを食い止めるのではなく、元気くんを伸ばすつもりでの配送同乗は有効だと思います。元気くんが伸びれば、ぱれっともそれに引っ張られるような気がします。そこには生産者の顔が会員さんにはっきり見えていないと駄目でしょう!
 あと、クルー同士が同乗しても良いと思いました。東と西も有でしょうし、同じセンター内でもありかなと思いました。中々同じ仲間の仕事ぶりを見る事は無いでしょうから、そこから意識も統一して向上するのかなと思いました。

 とりあえず、生産者は配送同乗もっと行くべきですね!
2015/02/09

会員サイトへログイン

パスワードを忘れた方はこちら

 

Radix info on twitter

Radixオフィシャル動画

ブクログおすすめ本

らでぃっしゅぼーや コーポレートサイト