体験談

2014/12/10

【配送同乗レポート】水の子会(農産部会)今村さん from 熊本

配送クルー菊池さん(左)と
 11月4日お昼過ぎに、らでぃっしゅぼーや本社へ挨拶に伺った後、翌日配送同乗させて頂く神奈川センターの場所確認の為、伺わせてもらいました。もう日も暮れていましたが未だ多くの方が残って仕事をされていました。ラインの仕事は終っていましたので、翌朝出発前に説明をして貰う事になり、その後センターの方と懇談して翌朝の配送に備えました。

 5日朝センターに着いた時は、トラックに荷物を積み込まれている所で各クルーさんは配送ルートを考えてパレットや冷蔵・冷凍商品が入った箱を積み込まれていました。積み込みには各クルーさんの個性が有るそうで長年の経験を生かし如何に荷降ろしを短縮出来るかを追及したこだわりがあるとお聞きしました。

 センターは、規模も大きく商品ごと温度管理の徹底がされており驚きました。遠隔地へ向かうトラックより早く出発する為、箱詰め作業は早朝より始まるそうです。鮮度保持に努めて品質の保持がセンターの目標の一つだそうです。

焦らずとも迅速

クリックで画像拡大
 道央の配送クルー「菊池さん」の車に同乗させて貰い、配送先は横浜市戸塚区を中心にお手伝いをさせて貰いました。出発して暫くして渋滞にかかりましたが運転は焦ることなくハンドルを握られていました。

 会員さんへの荷物をただ配送するだけと思っていましたが、まずはカタログやギフトの案内をどうすれば一番会員さんの目に留まるかを研究されているそうで、それを持ってパレットや冷凍品などが入った箱を素早くトラックから降ろしお届けする速さに驚きました。

 トラックに帰ってもすぐさま注文票やポイントシートの整理をされるなど、仕事内容は増えてきているそうです。

「おじちゃんバイバ~イ!」で思わず微笑む

 会員さんとの会話もそんなに時間をかけられない中で菊池さんより、自分を紹介して頂き会員さんが「同乗が分かっていたらミカンも注文していたのに」と優しい言葉をかけて貰いました。

 最後にお邪魔した会員さん宅で幼い兄弟のお子さんから「おじちゃんバイバイと」手を振って貰いました。今回の同乗で一番印象に残った事でした。如何にクルーの方が会員さんとの信頼関係があるのだなと感じた出来事でした。

 農家、らでぃっしゅ、配送とお互いの高みを目指して行けばもっといいものが会員さんへ届けられるのではないでしょうか。菊池さんありがとうございました。今後も安全運転で。
2014/12/10

会員サイトへログイン

パスワードを忘れた方はこちら

 

Radix info on twitter

Radixオフィシャル動画

ブクログおすすめ本

らでぃっしゅぼーや コーポレートサイト