Radixの会からのお知らせ

Radxiの会からのお知らせ

2014/09/19

第9回医療セミナー「医者に頼らない病気の治し方」開催 (11/8 東京)

医療セミナーとは?
 2008年にスタートしたRadixの会「医療セミナー」は、もともとカラダが資本の農家の皆さんやメーカーさん向けに「腰を傷めない体の使い方」などをはじめ、フィジカル面での健康管理の勉強会としてスタートしました。現在はストレスフルな社会の中で「心の健康」についても大切なテーマと位置づけ、Radixの会会員の皆様はもちろん、普段から「食」を通して健康を気遣っていらっしゃる、らでぃっしゅぼーやの会員様もお招きし開催しております。

お医者さんが教える「医者に頼らない病気の治し方」とは?

 皆さんは病気になった時、まず何をされますか?とりあえず様子を見て家でゆっくりされますか?あるいはひどくならないように、病院にかけこむのでしょうか?そもそもなぜ人間は病気になるのでしょうか?さらに病気は何故、治るのでしょうか?

 今回で第9回を迎える医療セミナーは、都内でクリニックを営まれる内科医の高野弘之先生をお招きします。高野先生はお医者さんの中でも珍しく、お薬をほとんど出されません。現代医学だけでなく代替医学にも精通されています。病気とは身体からのメッセージであり、なるべく身体のもつ自己治癒力を活かして患者さんを良くしていこうと考えて日々臨床に当っていらっしゃいます。

 なぜ人は病気になり、そしてどのように病気が治るのか、という人の身体の基本的な働きについてお話いただきます。近年の傷の治療の例から、我々がもつ自己治癒力とはどういうものか、現代医学の問題点、さらには最近関心が高まっているワクチンの問題についても分り易くお話頂こうと思っています。

日程

開催日時:2014年11月8日(土) 14:00~16:30(入場受付13:30~)
開催場所:らでぃっしゅぼーや本社 リフレッシュルーム
     東京都新宿区西新宿3-20-2
     (京王新線 初台駅下車すぐ)
Radixの会会員参加費 :無料

講師紹介

企画・案内役
「開音堂」姿勢保健均整師 中野史朗(しろう)先生
東洋医学を基本にする手技療法の施術所「開音堂」を開業。鍼灸やオステオパシーを学ぶ。手技(しゅぎ)療法とは、道具を使わず手だけで行う様々な治療法の総称であり、オステオパシーとはアメリカで生まれた、からだの歪みを治す手技療法のこと。
 らでぃっしゅぼーや会報誌「お話サラダ」にて2001〜2005年・計40回、エッセイ「からだをほぐす こころをゆるめる」を連載。(エッセイはWEBでお読みいだけます)また、Radixの会の会員向けサイトでも2009〜2010年まで連載。2008年にはRadixの会食の文化祭にてセミナーも実施されています。2014年3月から改めて「お話サラダ」での連載を始めている。
開音堂通信(ブログ)はこちら
講師
高野弘之先生
昭和46年佐世保市生まれ。 長崎県立佐世保西高等学校卒 自治医科大学(栃木県)卒、国立長崎中央病院(現長崎医療センター)で研修後、長崎県内の離島で主に小児科医として勤務した後、2013年5月、東京で池尻クリニック(内科・小児科)を開業。現代医学の素晴らしい面と代替医療の素敵な面を生かしながら、両者を統合して健康に寄与することを目指しています。

お申込み

Radixの会会員生産者・メーカーの皆様:
FAXでお送りしておりますご案内の2ページ目が申込書になっております。参加者ごとに団体・会社名、役職、お名前を書いて、FAXでRadixの会事務局までお送りください。

らでぃっしゅぼーやの会員様:
別途、ご案内兼申込書のチラシがお届けとともに配布されます。その申込書にて、らでぃっしゅぼーやへお申込みください。Radixの会での直接申し込みは承れません。あしからずご了承くださいませ。
2014/09/19

会員サイトへログイン

パスワードを忘れた方はこちら

Radix info on twitter

Radixオフィシャル動画

ブクログおすすめ本

らでぃっしゅぼーや コーポレートサイト