農産部会ブログ

2014/12/24

関東ブロック集会/報告:研修生・山口

 今年の関東ブロック集会は、らでぃっしゅぼーや本社、フリースペースを会場として、らでぃっしゅぼーや社員へプレゼンを企画。試食を交えながら生産者が「設立の経緯や時代背景」「生産物・農法の特徴・想い」などを語りました。
 その後、らでぃっしゅぼーや国枝社長より、今後のお話いただき、活発な質疑応答が行われました。
 業務時間にも関わらず、社員の皆さんも多数参加し、生産者の説明に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
後藤農産部長より
 本日の流れは、11時から試食プレゼンという事で臨場感あるお話をしていただきます。試食しながら感想・意見をスタッフ含め出していただければと思います。

 国枝社長、小関副社長からも、らでぃっしゅぼーやの方針、メッセージを話していただきますので、質疑応答をお願いいたします。他に加川課長中心に農産部からの話、お客様サービスセンターからは、お客様の生の声を伝えてもらいます。
関東ブロック理事 丸山さんより
 今回は新たな取組として、生産者から、らでぃっしゅぼーやスタッフに向けてのプレゼンの時間を作りました。
 近年、天候の不安定化で畑の障害が多く出ています。Radix農産部会は生産者の集まりなのだから状況に対応するための勉強会を優先すべきという声をいただいているのも事実です。
 しかし作付減少、単価下げが続く中、技術勉強会以外にもやるべきことがある、と。消費者へ伝える人たちに、もっと産地の情報を共有化していかないと物が動かない、伝えきれていないとの想いが強かったため、今回の企画となりました。
 季節・時期ごとの楽しみ方を共有できれば、会員さんへの伝え方、クレームの際の対応も変わってくるのではないのか。接点の多い社員の皆さんとそれを共有しつつ、本当なら皆さんに畑にきてもらってより多くのことを感じてもらいたい。その実感したことを会員さんへ伝えていってもらえたらとの想いもあります。

アグリクリエイト あゆみの会 丸山さん

試食品:山田さんのレンコン、干し芋
 レンコンを市場出荷する際は、根っこを綺麗に取りますが、山田さんのこだわりで根っこを少し残しています。先端部分を素揚げしたり、湯がいて味噌をつけたりして食べてもよい。レンコンの個体差の説明など。
干しいもの製造工程は、蒸す⇒皮むき、悪い所を取る⇒切る(厚みある)⇒並べる
干してみないと良し悪しが分からない。芯の白くなってしまったものは出荷しない。一番美味しいところは形状が出荷に合わないなど、大変、手間がかかることを知りました。
左から、山田さん、レンコン、干し芋の生産者、天日干中の芋

明野早川グループ 早川さん

試食品:たくあん
日本一の日照で四方山に囲まれ大きな自然と太陽の恵みを浴びている野菜を作っています。主に「大根」「カブ」「長ネギ」「かぼちゃ」を栽培。有機肥料100%で農薬を使わず栽培ができています。
・長ネギは、雑草を嫌うので小さい頃から雑草取りをしている。
・かぼちゃは、2本仕立てで栽培。1株から4個収穫している。
 土に接している所は座布団を敷いている。
・ナスは3年前から栽培を開始。今は4本仕立てで栽培。
 暴風、害虫対策にソルゴーを畑の周りに捲いてある。
 今年の大雪被害で小さなハウス2棟が倒壊。自主撤去して来年の栽培には影響はない。
 鳥獣害の被害が出ていて、かぼちゃやさつまいもが作れないなど被害状況のお話をしていただきました。

野菜くらぶ 林さん・竹内さん・高橋さん

試食品:ほうれん草のお浸し・白菜の浅漬け
経営理念:感動農業、土づくり・人づくり
使命・目的:①みんなに喜ばれる農業をしよう②お客様の豊かさと幸福に貢献しよう③環境を大切にした農業をしよう④次世代に繋ぐ農業をしよう
 通年栽培の体制や独立支援プロジェクトのお話に加え、自分の作っている作物のこだわりやオススメ食べ方もお話いただきました。

和郷園 内匠さん


試食品:切干大根
㈱和郷では、加工事業も行っており加工品の「切干大根」を試食しました。切干大根は学校給食にも使われていたり、歯ごたえのあるようにしていてとても美味しかったです。プレゼンでは、和郷園グループの取組み事例をお話。
科学的な裏付けのある土づくり
・土壌分析、施肥設計
・農薬の使用履歴、施肥履歴の管理
・JGAP 、ちばエコ認証
環境の取組み
・自然循環型農業
・バイオマスプラントの管理運営
経営戦略
・契約販売(農業経営の安定化、健全化)
・多様なお客様への提供
・マーケットインの発想
加工事業、BtoC事業、リサイクル事業、海外事業なども説明。

サラダボウル 島田さん・小俣さん

試食品:ミディトマト、きゅうり
 設立の経緯と生産者の思いをお話いただきました。
設立当初は、6名の従業員数 面積60a トマトを栽培。
現在では、40名の従業員数 面積15ha トマト・ナス・きゅうり・葉物野菜・ブロッコリー・きゃべつを栽培。

経緯
1.心の底から夢中になれるもの
  「父母やまわりの農家は大変だけど、いつも楽しそうだった。」
2.さくらんぼを手に「チクショー」
  天窓を開け忘れていて、サクランボがダメになった時の会長の言葉。
3.農業はかっこいいのではないか
4.農業は大きなビジネスチャンス
 「農薬を使わないものを栽培してほしい。2Lや3Lといった野菜をつくって。旬の野菜が欲しい。」お客様に望まれるものが本当に多い。
上記の1~4までのことがあり、設立。

サラダボウル トマト班概要
現在の課題点や目指す職場などのお話に加え、2月に降った大雪被害、野菜を美味しく作るこだわりなども説明。

那須よかっぺ村 益子さん

試食品:ブロッコリー
元々、地元のトマト部会の集まりで農協の合併の際、独立した4件で結成。
基本的な栽培方針
「いいもの」を「いっぱい」つくりたい
「いいもの」→いいものだったら、また買ってくれる
「いっぱい」→買ってくれても、少しの期間しか出せなかったら固定客(リピーター)がつかないし、儲けにならない。

『“量を追うものには、質はついて来ない 質を追うものには、量もついて来る“ by 村長』

生産物・農法の特徴・想い
1番大切なのは
「土壌」養分・微生物・空気・水分
「作物」品質・収量・食味・見た目
バランス!!
また、「大きく崩れる可能性がある事はしない」

今回の試食品でもあるブロッコリーの説明では、
収穫時期4月~7月、10月~12月
連作をしない
①畑を変える(もともとは稲作農家だった為、田んぼが多い)
②緑肥を使う(夏の間)
を注意している。

らでっしゅぼーやへの提案
大田市場の近くで荷物を管理⇒物流の整備、再編。と言ったお話をいただきました。

利根川みどりの会 定方さん

秋ごぼう収穫用のバイブロディガー
試食品:ザーサイ、ごぼう
定方さんからは、栽培しているものは「伝統野菜」が中心。他にゴボウやザーサイなども。周辺土壌の説明に加えゴボウ栽培に欠かせない機械「トレンチャー」の説明もいただきました。
・栽培している作物の特徴
「ザーサイ」秋から冬にかけて収穫 和食に合う。
「国分人参」ばらつきが多い。
「尾島ネギ」柔らかく食べると美味しいが流通していない。今回は緑の部分まで食べられる赤ネギをネギぬたでいただいた。種が流通していないとのこと。
「世良田ネギ」25センチ間隔定植。ネギがない時期に収穫出荷できる。
「赤ネギ」飽きない食べ方→味噌汁
最近の悩みは、夏場の気温夏36℃37℃が普通。暑さが非常に厳しい。
雨が局地的に降ることが多くなり低い畑が使えなくなってきている。

ぐんま古里農園 後藤さん

試飲品:マコモ茶
地域特徴として「高原の寒暖差」
最低限有機JASレベルの野菜を栽培し、JAS以上の安心・美味しい野菜栽培を目指している。その一つに、自然栽培も行っている。
年間栽培品目
1月:2月:タラの芽
3月:4月:「山ウド」
6月:「スナップえんどう」
7月:「ブルーベリー・高山きゅうり・ビーツ・四葉きゅうり」
8月:9月:【枝豆】・「いんげん・白なす・カプリスなす」
9月:10月:【まこもだけ】
10月:11月:ブロッコリー      「」有機JAS可能品目
周年栽培:原木しいたけ       【】自然農法品目

自然栽培をしている「枝豆」の説明
今現在10年連作していて、は種後2週間セルトレイで徒長気味に育成させて定植している。理由として、収穫の際に実を切らないような工夫。
枝豆の色は薄い。必要な栄養を選んで吸収している。年々薄くなって枝豆本来の色をしている。などのお話をいただきました。

課題として
鳥獣害のことや若い農業者の育成が課題。

今後の展開と目標
地元伝統野菜にもこだわり、種の自家採取率を高め、吾妻の自然環境に適した、野菜本来の美味しく、味の濃い作物を育てて行きたい。またその想いをらでぃっしゅぼーや・らでぃくるの皆さんと共有して消費者の方々に伝えられたらと思います。

さんぶ野菜ネットワーク 吉田さん

試食品:人参、大根
山武の取組みとして、団体での有機認証取得をしている。
5つの基本合意事項
1.土壌消毒剤・除草剤を使用しない。
2.化学肥料を使わず、堆肥・緑肥作物による土作りを重視する。
3.特定の品目に偏らない作付をし、輪作体系を重視する。
4.取り組む耕地を明確に特定し、登録する。
5.「いのち」に直結した食べ物を供給することを常に意識し、消費者と顔の見える関係作りを目指す。

新規就農者の受入の受け入れにも力を入れている。
今現在、新規就農者:21組

有機認証の取組み
平成12年の有機圃場は12ha⇒平成26年では53haと増えている。

くらぶち草の会 佐藤さん

試食品:ターサイ
1988年に「くらぶち草の会」が設立。
 市場に出荷する農業では食っていけない!!自分で販売しないといけないと感じた。ちょうど同じ頃らでぃっしゅぼーやができ取引が開始された。
倉渕は350メートル~900メートル標高の地域。山の中で環境のいいところ、だが嫁がこない。
寒暖差が大きく、手間をかけずに良いものができる。寒さは厳しいが条件が良い。
らでぃしゅに出荷を始めて展望が見えてきた。地域に密着して仲間づくりしてきたが、後継者が育ってこなかったのが現実。先を見越して新規就農者を募集して今では40世帯ぐらいの就農者が農業して暮らしている。これからは、後継ぎではなく新規就農者が担っていくのだと思っている。
今では、新規就農者がメインで勉強会することも多い。お客さんの声を直接聞くのが大切なのでくらぶち草の会では、収穫祭も行っている。

アップルファームさみず 山下さん

試食品:リンゴ品種多数、りんごジュース
 雪の降る間近で、リンゴ収穫が忙しいため今回は一人の参加となりました。
現在25人生産者、36haの面積で栽培している。
13年前に出荷組合から農業生産法人になりました。今は、リンゴ畑は空いてきているが設立当初は空きがなく、リンゴの木が植えてない畑が少しあり、伝統野菜を栽培することになった。
加工会社へ委託して、加工商品も多く作っている。
飯綱町は長野県の北の端、斑尾山の裾野に広がる丘陵地帯にあり、年間を通じて日照時間が長く雨が少ないため美味しいリンゴが作れる。
長野県オリジナル品種「シナノスイート」「秋映」「シナノゴールド」が世に出るようになった。
土づくり、減農薬への取組みについての説明もお話いただきました。
そして最後に、今回試食に持ってきていただいたリンゴの種類の特徴を説明いただきました。

井澤農場 井澤さん

試食品:セロリ
 セロリの出荷量が減少の中、もっと売れるように、自分の好きな食べ方を今回紹介。
「セロリのカレーピクルス」
1.セロリをスライスにして塩を振る。
2.しんなりしたら水気を取る。
3.砂糖と酢を煮立て、火を止めカレー粉を混ぜる。(分量はお好みで)
4.最後に混ぜ合わせ完成。
理念として
『家庭で喜んでもらえるよに野菜作りをする 喜んでもらい自分も喜べるそのような物語が一番!』
堆肥作りのこだわりと従業員の説明。
最後にこだわりの、セロリの作り方のお話をいただきました。

真南風さん、旭昇園さんにも簡単にご挨拶いただきました。

真南風の玉城さん
旭昇園の石田さん

らでぃっしゅぼーや国枝社長からのお話

 就任して半年。過半数が初対面だったこともあり、自己紹介とともに現状のらでぃっしゅぼーや、今後のらでぃっしゅぼーやについてお話いただきました。
 現状、経営状況は厳しい。今までは、ぱれっと中心で売上を伸ばしてきたが、2008年がピークでだんだん落ちてきた。理由として、支持していた人の高齢化に伴う消費の減少。子育て世代は安心安全をもとめて無理して買い続けてくれるが、お子さんが大きくなるにつれ消費量が増え、続けられない人が多い。家族構成の減少も消費が伸びない要因になっている。
 オーガニック市場全体の状況として、宅配の現状やネット販売のことなどのお話もいただきました。
 今後は、時代の流れを受けとめ、消費者ニーズに合わせた商品開発を進めていく必要があるのではないか。らでぃっしゅぼーやの中でも「惣菜」「冷凍」「健康サポート」と言った商品の売り上げが伸びていることから、オーガニックで時短料理が求められていることが分かる。らでぃっしゅぼーやでも、オーガニックで時短料理「惣菜」「冷凍」「カット野菜」で美味しいものを提供する必要がある。生鮮食品の需要は大きいが時短料理も増やしていきたい。
根本的に「安心・安全」「環境に優しく」「美味しい」「価格を安く」を実現すれば伸びていく。伸ばしていかないといけないし、みなさんと一緒にマーケットを大きくしていきたい。
お話いただいた後、生産者との質疑応答もありました。

らでぃっしゅぼーや(農産部・お客さまサービスセンター)より

農産部
「ぱれっと」の販売動向(苦戦中)
新規顧客の約2/3がパレットに加入
「らでぃっしゅクラブ」+「元気くんカタログ」の販売動向
新規顧客の約1/3がらでぃっしゅクラブに加入
昨年の対比で伸びているが、ぱれっとの下落分まではカバーできていない。
「今後の方針 商品特性に応じたプライシングと販促」
チカラある野菜のブランドコンセプトと現状リストについて
「農薬適用確認について」
適用確認間違い事例発生したため消毒前にはもう一度確認の呼び掛け。

お客様サービスセンター
今まで受けてきたお客様の声(お喜びの声)(残念なお声)とお客様を大切にしたい上で大切にしたいこと「ひとつひとつの商品が届く、お客様の気持ちになって考えること」お話いただきました。

動画

ご注意 会員専用サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、全てRadixの会会員限定公開です。YouTubeサイト上で自分の再生リストに(+追加)したり、(<共有)でリンクを会員外に知らせることは固くお断りいたします。何卒、ご協力よろしくお願いいたします。



ご注意 会員専用サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、全てRadixの会会員限定公開です。YouTubeサイト上で自分の再生リストに(+追加)したり、(<共有)でリンクを会員外に知らせることは固くお断りいたします。何卒、ご協力よろしくお願いいたします。
2014/12/24

会員サイトへログイン

パスワードを忘れた方はこちら

 

Radix info on twitter

Radixオフィシャル動画

ブクログおすすめ本

らでぃっしゅぼーや コーポレートサイト