農産部会ブログ

2014/07/08

北海道ブロック集会/報告:研修生・山口

2014年6月14日(土)〜15日(日)の二日間、新十津川にて北海道ブロック集会が行われました。生産者31名、講師1名、スタッフを含め総勢53名の参加となりました。

今年も、土壌学が専門の帯広畜産大学の谷先生による圃場の土壌断面調査と、勉強会の講師をしていただきました。
勉強会前に、らでいしゅぼーや国枝新社長と小関副社長からご挨拶をしていただき、その後の勉強会では、谷先生から「良い土壌の条件」「土壌断面調査」「土壌診断」についてお話をしていただきました。

1日目【6月14日】第一部 土壌断面調査

開会
川真田さん
後藤農産部長の開会挨拶の後、川真田さんに新十津川と圃場について簡単に説明をしていただきました。

新十津川の人は、奈良県十津川村に住んでた人が、明治22年に起こった大水害で村の7割が流され、約2600人が新十津川へ移住をされたそうです。
今回、断面調査を行った作柄の良い畑は近くに川があり水害の度に肥沃な土が運ばれてきたそうです。作柄のあまり良くない畑は水はけが悪く水管を埋め水を抜くといったことまでされていました。
谷先生による土壌断面調査
谷先生によると、川真田さんの圃場は、褐色低地土という土壌で、土壌の中では良い土だそうです。また、良い畑と悪い畑では、ほとんど地層は変わらないと説明。
・17㌢〜53㌢は粘土層で川から運ばれてきた小さい土。
・53㌢〜下は砂っぽい地層で褐色低地土ではなくなっている。
(地層と地層の間は水が通っており水を通す層となっている)
・悪い畑では17〜53㌢の層が固く水を通しづらくしている。
20㌢より下に根がいってないことから、
「春から乾いた時にプラソイラかサブソイラをかければ良かった。」
「デントコーンを蒔いて根を下までのばせば改善する。」
と具体的アドバイスもいただきました。

良い畑との違いはヨシなどの根が炭化して水通りをよくしていることやプラソイラの後が残っているので植物の力をうまく使えば同じようになると話されました。

第二部 勉強会

Radixの会理事・らでぃっしゅぼーや(株)社長・副社長挨拶
長内理事あいさつ
 新社長、副社長も来ておられます。谷先生の勉強会、有意義になるように活発な意見交換をしましょう。

小関副社長
 生産者にとっては当たり前のことも年間を通しての取り組みを知らない会員さんにメッセージを出さないといけないと感じています。
 生産者の思い、生産者には当たり前のことを会員さんにしっかり伝えることを深めて行けたらと思います。

国枝社長
 通信から野菜へ転換して今勉強中です。
『Radix・Radish・Radicle』3つのRを組み合わせて『差別化』『特徴』を出して会員さんに渡して行きたい。知恵を出して進んで行きたい。

谷先生の勉強会
今回の谷先生の勉強会では、初参加の方もいたので復習を兼ねて基本的なお話からしていただきました。まずは、良い土の条件についての説明。

・通気性の確保や土壌構造のバランス(土を掘って見て触って分かること)
・適切な保肥力(CEC)の確保(土壌分析をして分かること)
等々

『土壌断面調査と土壌診断を2つともして自分の畑の土のことを理解してもらいたい。』と谷先生

その後、北海道の農耕地土壌のおさらいと新十津川の地形と土壌について、土壌断面調査を行なった川真田さんの圃場の説明をいただきました。

土壌診断の説明
過去4年間で断面調査を行った4箇所の圃場の土を採取して土壌分析機関ごとの癖や結果の違いをどう考えたらよいかのお話(5つの機関で分析を依頼)
※分析結果は、分析を行う際の条件によって変動する可能性が高いので、どの機関が正しくか否かを示しているわけではない。

分析項目は「pH」「腐植含量」「リン酸吸収係数」「有効態リン酸」「陽イオン交換容量」「交換性陽イオン」
5つの機関の結果を見比べ、理想の数値、圃場がどのような状態なのかを説明と解説していただきました。

【可給性を意識した施肥管理と土作り】
これまでは、不足する養分を肥料などで補うことを目指してきた。これからは、土壌の特性を良く理解するとともに、不足する可給性を高める土づくり、可給性の高い施肥方法を工夫することが重要だと説明。


【土作りの三箇条】
『土の成り立ちと素性を知る』『土を調べ特性を理解し改善する』
『土の本来的な機能を引き出し活用』のお話をしていだだきました。

2日目【6月15日】

生産者の近況報告
参加された生産者さんより近況報告と今後の勉強会についての意見を含め活発な討論がおこなわれました。
近況報告では、ほとんどの地域で春先は天候も良く順調でその一方、天候が良すぎて乾きすぎたと口を揃えておっしゃられていました。
今後の勉強会については、「品質に関しての勉強会」「食味についての勉強会」と意見が出されました。

らでぃっしゅぼーや農産部より

農産部の体制について
販売動向について
出荷物の表示について
会員さんからのお手紙
生産者おすすめレシピ大募集
のお話。
北海道センターより

新センターの説明
農産品質クレーム・ピッキングミス
さくらんぼ狩り、リンゴ狩り、田植え交流会、元気市の開催報告
とうもろこし朝もぎ企画について
道外向け流通について
最後に北海道センターのメンバー紹介もしていただきました。
Radix会の事務局よりお知らせ
『7月1日のニュースレターに配送同乗キャンペーンの記事があります。
是非、配送同乗してらでぃっしゅ会員さんに会いに行きましょう。』
とお知らせ。

閉会

長内理事より閉会の挨拶
冬の勉強会が12月始めにあります。
実りのあるいい夏・秋・冬にして、
笑顔で勉強して懇親会をして1年を終われるようにしましょう。

動画一覧

谷先生による土壌断面調査
ご注意 会員専用サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、全てRadixの会会員限定公開です。YouTubeサイト上で自分の再生リストに(+追加)したり、(<共有)でリンクを会員外に知らせることは固くお断りいたします。何卒、ご協力よろしくお願いいたします。
谷先生による土壌勉強会
ご注意 会員専用サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、全てRadixの会会員限定公開です。YouTubeサイト上で自分の再生リストに(+追加)したり、(<共有)でリンクを会員外に知らせることは固くお断りいたします。何卒、ご協力よろしくお願いいたします。
生産者からの近況報告
ご注意 会員専用サイト内に埋め込まれたYouTube動画は、全てRadixの会会員限定公開です。YouTubeサイト上で自分の再生リストに(+追加)したり、(<共有)でリンクを会員外に知らせることは固くお断りいたします。何卒、ご協力よろしくお願いいたします。
2014/07/08

会員サイトへログイン

パスワードを忘れた方はこちら

 

Radix info on twitter

Radixオフィシャル動画

ブクログおすすめ本

らでぃっしゅぼーや コーポレートサイト